タイトルイメージ              
 Step 1 防災の知識と心構え

 地震や台風などの自然災害は、ある日突然私達を襲ってきます。それによって普段の生活がいっぺんしてしまうこともあります。
泣く泣く愛するわが子と離れ離れに…なんてことにんらないように、避難所やそこまでのルートの確認、防災グッズの準備、家族との連絡手段など、必要最低限のことは話し合っておくといいと思います。

☆☆ ペットの大きさ別避難の仕方 ☆☆
<小型犬・ネコ・小動物の場合>
 歩幅が狭く歩く速度が遅いので他の人に踏まれる可能性があるので、やはりキャリーバックに入れて避難するのが良いと思います。
両手がふさがらない肩にかけられるのがいいと思います。

<中型〜大型犬の場合>
 普段大人しい子でも、地震に驚いてパニックになると噛み付いたりする場合や、逃げようとして家の中を走り回り怪我をする場合があるので、揺れをかんじたらリードをつけたほうがいいと思います。
避難する場合、ガラスの破片や瓦礫などをふまないように靴をはかせてあげられるといいと思います。

  Step 2 普段から心がけておくこと

@登録をしておく。
犬を飼うさいには市区町村に届け出る義務があります。災害時には登録された犬が優先的に保護されることもあるそうなので、必ず登録をすませておきましょう。

A迷子札をつける
名前、鑑札番号、住所、電話番号を書いておいたほうがいいと思います。迷子札がないと万一、飼主とはぐれた場合でも再会することが難しくなります。

Bしつけをしておこう
災害時にはやむなく避難所などで見知らぬ人や動物とともに暮らすことが予想されます。普段から「おいで」や「待て」ができること、吠えないでいられること、ゲージやクレートの中で静かにしていられるようにしておくとよいと思います。
静かにすごせないと、周囲に迷惑をかけてしまうことになります。「ワンちゃんがいてホっとする」と言われるとうれしいですよね。

C健康管理をしておこう
ノミやダニの駆除、ワクチンの接種や狂犬病の予防接種をおこなっておきましょう。多数のペットが一括して保護されるようなことがある場合、1匹が病気を持っているとあっという間に感染して病気がひろがることがあります。

  Step 3 まさか!地震?こんな時どうする?

 災害発生時何をしているでしょう?いろいろな場面が想定されます。いざというときにあわてないようにしておきましょう。
☆自宅で
揺れによって家がきしみドアがあかなくなる可能性があります。ペットと別々の部屋に閉じ込められないようにドアを開け、外に飛び出さないように注意しながら避難通路を確保しよう。

☆散歩中
外で揺れを感じたら、塀や建物、気のそばから離れ、公園などの広くて安全な場所にひとまず避難。周囲の状況を確認し自宅に帰るか避難所に行くか考えましょう。

☆ショッピングしているとき
出かけた施設で揺れをかんじて飼主が慌てると、ワンちゃんはパニックにおちいります。係員の指示に従い、落ち着いて避難しましょう。

☆ドライブ中
揺れを感じてそのまま運転するのは危険です。道路の左側に車を止めてラジオなどで情報収集を!ワンちゃんはキャリーに入れるかリードをつけて一緒に避難しましょう。

☆一人でお留守番
ご近所の犬友達や知人にたのんで様子を見に行ってもらえれば安心です。そのためにも日ごろのコミュニケーションは大切に!

避難するときは必ず徒歩で。コンパクトにまとめた防災グッズとペットを連れて指定の避難所へ行きましょう。

                                             1 2   
 Copyright (C) 2005 「わんこ大好き!」 All rights reserved.